地紋印刷入 ナナ目隠しラベル 情報保護シール 3層構造 貼り直し不可

情報保護シール 貼り直し不可

貼り直しできないセキュリティタイプ貼り直しできないセキュリティタイプ

情報保護シール 貼り直し不可

  • そのまますぐ使える
    3層構造 貼り直し不可
  • ●請求、納品、見積書ハガキ ●アンケートハガキ、申し込みハガキ
    ●銀行口座登録や変更通知 ●住所の記入や登録ハガキ など
  • ●個人情報が記入されたハガキに貼付し、外部へのプライバシー漏洩をプロテクトすることを目的としたラベルです。(個人情報保護法対策 の一つとしてご使用ください。)ラベルの裏側は隠蔽性を有する黒なので透けません。
  • ●ラベルを一度剥がすと元通りに貼り直すことができませんので、第三者がラベルを剥がすとすぐに判明します。
  • ●ラベル材質はコート紙ラベルです。
  • ●1層目(上紙)2層目(擬似層)3層目(台紙)の3層構造になっています。郵送コストを削減できます。
  • ●プリンタ等でPPI目隠しラベルに直接印刷は行えません。ご注意ください。
  • ●ラベルはしっかりと貼り付けてください。ラベルは一度貼ったら貼り直しができません。 ハガキなどの通信面の内容・ラベルを貼る位置をよく確認して慎重に貼り付けてください。
  • ●ラベルはゆっくりと剥がしてください。サッと剥がすと、ハガキや擬似層(2層)が破れることがあります。
  • ●カーボン紙で複写したものにラベルを貼ると、化学変化により印字が薄くなることがありますので、ご了承の上ご使用ください。
  • ●郵便ハガキの重量は、郵便法で2~6gと決められています。厚いハガキ、特殊なハガキを使用する場合には重さにご注意ください。
■情報保護シール各タイプのサイズ比較

ラベルサイズはPPI、PPE、PPSタイプ共通、PCLタイプも、ほぼ同寸サイズです。はがきサイズ100mm×148mmに対する各情報保護シールのサイズ比較です。 情報を隠すサイズ、セキュリティレベルに合わせてご選択ください。

情報保護シール各タイプのサイズ比較

※使用方法はPPI、PPEタイプ共に同じです。ただし、PPEは貼り直し可能な簡易タイプです。ご注意ください。

①発送時に貼付けする場合
発送元で隠したい部分に情報保護シールを張り付けて発送します。 到着後、受取り側で情報保護シールを剥がして記載事項を見ることができます。
情報保護シール発送時に貼付けする場合
②返送時に貼付けする場合
個人情報等を記入するはがきと情報保護シールを封筒などで同梱発送します。 到着後、情報を記入した部分を隠すように情報保護シールを貼付けし返送します。 第三者に情報が直接見えることなく返送する事ができます。
情報保護シール返送時に貼付けする場合
情報保護シールは、情報を遮蔽し見えにくくする為のものであり 完全な情報保護を行うものではございません。
7件中 1〜7件目
並び替え
表示切替
7件中 1〜7件目